読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエローナイフ3日目

※長いです

 

この日は朝までトランプとウノ大会をして完全にばかだった。

みんなもう完全にカードゲーム中毒になっていて

眠いのにカードゲームをやりたくて仕方がなくなっていた。

明け方にチョコケーキとポテトチップスを持って

スッピンパジャマでみんなで撮った写真が気に入っている。

 

昼からはオールドタウンという昔ながらの建物などが残っているところへ。

凍りついた大きな湖の上では雪まつり的なことをやっていて

5ドル払って入ったのだけれど、小銭を出す手を震わせていたら

チケット売り場のイケメンが「寒いね!」と言って

手をごしごし暖めてくれて10ドル払いそうになった。

氷の滑り台が最高で、スピードが速くて結構こわかった。

 

そのあとは1時間ほど外で待って人気のビストロへ。

待っている間は寒すぎて足が壊死したんじゃないかと思うほど

感覚がなくなって、ずっとみんなでダッシュしたりジャンプしたり

ときどき絶望したように立ち尽くしたりしてやっと入れた。

岩魚のソテー、バッファローステーキが最高においしくて最高だった。

バッファローステーキなんて臭そうで硬そうと思っていたのですが

なんとまあ、やわらかくて臭くない!!

帰りもこの寒さの中30分かけて歩くか...とみんなで思っていたところ

タクシーが目にとまりアラサーの我々は一目散に駆けて乗った。

なんと5分でホテルに着いて暖かくて最高な乗り物だった。文明の利器すごい。

 

また少しカードゲーム大会をして犬ぞりへ。

犬ぞりって、でっかい秋田犬とか、ごっついハスキーみたいなのが

20匹くらいで人間5人くらいを運ぶものだと思っていたんですよ。

小学生の時に北極物語とか読んでいたから少し楽しみにしていたりして。

そうしたらなんと弱そうな、わたしよりも小さいくらいの犬10頭ほどで

大人8人を運ぶというものだったんです。

それはまだしも、薬打たれてるのかな?ってくらい狂ったように興奮したり

遠吠えしたり、聞いたことのない犬の鳴き声で鳴いていたり、

かと思えば違う犬はションボリうなだれていたり、

リードが絡まって首が締まりそうになっている犬がいたり...

出発前にいろんな気持ちになって悲しくなって降りようか本気で迷った。

ちょうど後ろに乗っていた友達も同じ気持ちで

ふたりで目を閉じたまま乗ったのだけれど

途中で涙が止まらなくなってしまって、

友達がときどき肩をギュッとしてくれるのが唯一の救いで

わたしもその度に彼女の足をトントンとした。

やっと終わって降りた瞬間にふたりで何かを埋めるようにハグをした。

他の友達2人が能天気に感想を言い合っていることに少し苛立ちを感じるくらい

今まで生きてきた中で1番辛い時間になってしまった。

犬たちを信用しているからこそ犬ぞりが今もあるとか

犬たちはリードをされると走りたくて仕方なくて大興奮状態になるとか

降りてからいろいろ説明されたけれどなんとなく腑に落ちなかった。

 

罰かな?と思うくらいそのあとずっと曇っていて

オーロラはもう諦めようと思い、雲の中に漂う月を見たり

星空を見たりしていたら最後の最後でまたオーロラ爆発が起きた。

バスに乗るまでずーっとオーロラが綺麗で嬉しかった。

 

f:id:herher:20170309150648j:image

 

f:id:herher:20170309150700j:image

 

f:id:herher:20170309150715j:image

 

▼雲が波のようで気に入っている写真のひとつ 

f:id:herher:20170309150728j:image