読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷物を新居に運んだ

今日は友達が手伝ってくれたので荷物を新居に運んだ。

その前にずっと行きたかった近所の店で植物を買って

お気に入りのコリアンスーパーで買い物をして

そこから20分くらいかけて歩いて家まで帰った。

初めてその道を歩いたけれど、やはり空が広くて

高いところにあるので街や川を見下ろせて

少し遠くには山がたくさん見えて、改めてこの街が好きだと思った。

 

友達が車でぴゅーんと迎えにきてくれて荷物を運んだあとに、

なんと友達がわたしのルームメイトの荷物運びまで手伝ってくれた、優しい。

わたしより年下なのに、わたしのことを妹みたいだと思っているようだけれど

わたしは彼を弟のようだと思っていて、しかもずっと弟がほしかったから

なんでも話せて一緒にいて気が楽でうれしい。

 

夜は家でパスタを作ったのですが、子供たちがパスタ食べたい!と

騒いでいたので奥さんに「食べていいよ」と言ったら

いつも嫌々ごはんを食べる子供たちが「おいしい!おいしい!」と

おかわりしてたくさん食べてくれて

奥さんが子供たちが気に入ってるからレシピ教えてと言ってきて

ちょっと気まずかった。

奥さんのインディアンフードはめちゃくちゃおいしいのに。

でも、ものすごく嬉しかった〜!!

食べるたびににこにこしながらGoodと言ってくれる子供たちを見ていたら

こんなに褒めてくれる愛しい存在がいるなら、疲労困憊していたとしても

ごはんを頑張って作れてしまいそうと思った。

あと2日でお別れなので久々に子供とパズルもした。

わたしがごはんを食べている時に、子供に好きだからここにいて、と言われた。

最近毎日言ってくれる。泣ける...I'll miss you guys.

 

f:id:herher:20170130170023j:image