読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア人と先生が最後の日だった

今日はクラスメイトのイタリア人が出席する最後の日だった。

イタリアのチョコをくれて、イタリアでは男性が恋人の女に

「チョコラティーノ」と言ったりするんだと教えてくれた。

マイハニーみたいなものかしら。

家族がいるけどかわいい息子とも離れて

英語を勉強しに来ていてすごく熱心で好きだった。

イタリアに遊びに行くのが楽しみになってよかった!

 

そしてクラスのみんなが大好きな先生も

明日から2週間のおやすみに入ってしまう。

とっても明るくておしゃべりが好きで

質問するとわかるまで説明してくれて

わたしも大好きだから淋しすぎる。

数年前に乳癌になっておっぱいを切除して

腹部の脂肪や肉をおっぱいに付けたらしいんだけど

またそこの手術をしないといけないらしい。

先生は「また新しいおっぱいになるよ!たのしみ!」と明るく笑っていた。

娘が糖尿病と自閉症を患っているとか、

「わたしの祖父はハンガリーからロシア人に追われて

カナダに逃げてきたんだけど、カナダを選んでくれたから

わたしはカナダに生まれられてハッピー!」とか

いろいろな話をいつもしてくれた。

 

来週のテストでレベルがあがらなかったら

その先生の授業をまた受けられるんだけど、

きっとその上のレベルにあがれると思うわよ!と言ってくれた。

嬉しいけど淋しい...がんばらなきゃ!

 

▼クラスの女だけの集合写真(フィルターをかけておきました)

f:id:herher:20160929143026j:image