バンクーバーにワーホリする前とした後の英語

前回のブログで突然日本についてかいてしまったのですが、日本に帰ってきています。

ちゃっかりカフェでアルバイトもしています。

今のカフェを選んだ理由は外国からワーホリに来た人も数名働いていて英語を忘れなくて済むから。

 

それはともかく、わたしはカナダのバンクーバーにワーホリする1年くらい前まで

中学受験以来まともに勉強をしたことがなく

そのせいでそもそも勉強の仕方がわからなかった。

小学校も私立に通わせてもらっていたので、小学生のときから英語の授業はあったけれど好きになれなくて、

当時の親友が英語好きだったのに全く理解できなかった。そしてなぜかスペイン語のクラスの方が楽しかった記憶がある。

とは言っても、現在形、未来形、過去形くらいまではわかるレベル。

仮定法とか過去完了とかは、そんなのありました?というくらいのレベル。

 

そして焦ってバンクーバーに行く前に、スパルタで英語と勉強方法を教えてくれるスクールのようなところに2ヶ月通った。

週に1度だったけれど毎週本当に大量の宿題が出て、

普通に週5で仕事、なんなら残業もある中で時間を作ることは大変だったけれど

わたしより仕事が忙しい人や家庭がある人も必死で勉強してきていたから

モチベーションを保って続けることができた。

みんなライバルだったし、戦友という言葉がぴったりなクラスだった。

ちなみに回し者ではないです。

平日は2時間以上、週末は5時間以上くらい勉強時間をとったけれど

それでもTOEICの点数が良くなくて自分のバカさ加減を呪ったりもした。

 

それでももう出発は間近になってしまい、

クラスで使ったTOEICの単語帳など本を数冊持ってバンクーバーへ行った。

正直言って、単語帳と文法書以外はほぼ見なかったのでただの重りだった。

 

後半の半年は完全に英語環境で働いたけれど、あんなに覚えられなかったのに?!という単語が

突然スッと口から出て使えるようになっていたり、

同僚が話す言葉の多くは「あ!あの本で見たやつ!わかる!」と理解できたり、

本当に突然なぜ?というくらい閃くときも徐々に増えてきた。

(文法がそもそもわかっていなくてわたしの英語自体はめちゃくちゃだけど)

 

わかる!や、単語がスッと出てくる感覚があるとすごく嬉しくて

もっと勉強したい!と思えて、これには自分でもびっくりした。

中学生から英語の再試験を毎回受けさせられていたわたしが、英単語を学ぶのが楽しいだなんて。

 

今も雑談ですら英語を使うと相手が言っていることが100%理解できないこともあるし、ビジネスで使うなんて以ての外だし、

自分が言いたいことが言えなくて端折って話すもどかしさもあるけれど、

恋の話や、将来の話を真剣にできるようになったり、

相手を励ませるようになったり、相談にのれるようになったり、

1年前と比べたら話せるようになったかな?と思えることもある。

 

最初は聞き返されまくったり、聞き返しまくったり、コミュニケーションがとれなくてめちゃくちゃイライラされる日もあったけれど、

バンクーバーでの親友は今はわたしと話すのが楽しいと言ってくれるし、

カナダの友達やルームメイトはわたしの英語が成長したと言ってくれるし、

今働いているカフェの同僚のポーランド人は「自分たちと毎日8時間近く働いて、その間ずっと英語で話を途切れずできるのはすごいよ」と言ってくれたし、

ドイツ人は「英語が通じて嬉しいよ、何人?」と聞いてくれた。

うれしいな〜

 

100%褒められて伸びるタイプなので、少しのことでも自分を褒めて今も新しい単語帳を暗記するために毎日欠かさず見ている。

ちなみに本気で be動詞がわからない人や Congratulations の意味がわからない人もワーホリでカナダに来ていたので

英語力が...と自信がない人でもとにかくなにかの方法で一歩踏み出した方が良いと思う次第でこのブログを書きました。

わたしのレベルなんてまだ本当にカナダの4歳児レベルくらいなので

もっともっと勉強せねば...

 

今日はカフェの同僚たちとスカイツリーにのぼりました。

f:id:herher:20171025224233j:image

海外の人と日本で働いて思うこと

f:id:herher:20171013205721j:image

 

わたしが働いているところではヨーロッパ系、アジア系の同僚もいる。

多分全部で7人。

帰国子女もいるし、ワーホリや留学していた日本人も多い。

 

それでも何かあると、日本人同士は外人だから...という雰囲気になる。

掃除や計量が雑、使ったものを戻さない、すぐおしゃべりする、など。

でもそういう日本人ってたくさんいませんか!っていうか、ここにも数名いますけど〜?!と思っている。

外国人同僚たちには「ちゃんと片付けてね」などとなるべく伝えている。

他の仕事を探すのが大変だという理由だとしても、きちんと伝えればみんな少しずつ気をつけてくれる。

それでもひどくて、んも〜!っていうときは、ひたすら掃除をする。

そうするとみんな「ありがと」と手伝ってくれたりする。

 

それでもそれでも、やっぱりなにかあると「外人は...」と言う人は大体海外に行ったことがない人な気がしている。

それか自分に甘く他人に厳しいやつ。

英語もわたしより苦手で、外国人の同僚に注意するときもわたしに「英語で伝えといて」と言ってくる。

自分で伝えることもできないのに「外人は...」とネガティブなことを言う。

訳代でバイト代がほしいくらい、わたしは毎日通訳をしている。

(これは近々偉い人に相談しようと思っている)

そして結局少しでも繊細な仕事はわたしを含む日本人にまわってくるのだ。

うまく話せないのをいいことに、外国人同僚のせいにしようとしている時すらあるのを知っているし

「ちがいますよ、本人に聞いた方が良いですよ」と言うけれど、目の届かないところで同じことが発生していると思うとこわい。

 

わたしはバンクーバーのレストランで働いていたけれど「日本人だから...」と言われたことはあんまりなかったと思う。

陰では言われていたのかもしれないけれど。

わたしの下手な英語をバカにされた方もないし(は?って言われることは多々あったけど)

日本人たちの下手な英語の真似をされることもなかった。

外人だとなにかにつけて言うのなら、外人を雇わなければ良いし、雇うならその責任を負う必要がある。特に面接した人。

 

嫌な雰囲気はどんなに言語が伝わらなくても伝わってしまうから、外国人たちの同僚はソワソワすることも多くてつらい気持ちになってしまう。

わたしはバンクーバーでめちゃくちゃ楽しく働かせてもらっていて、今でも会いたい人たちがたくさんいるから、同じように楽しく働いてほしいし、日本も良かったと思って帰ってもらえたら嬉しい。

もちろん彼らの努力も必要だし、怠っている面はあると思うけれど、わたしはもっと日本人も歩み寄る必要があると思った。

 

わたしが落ち込んでいるときにフォローしてくれるのも、飲みに行こうと誘ってくれるのも、外国人同僚だけなのだ。

そんな思いやりがある人たちを勝手に雇って勝手に嫌がるなんて勝手すぎる。

 

という、すべてが愚痴だけれど、なんと入って1ヶ月のわたしをバイトのリーダー格にしてくれようとしているようなので改めて書き留めてみた。

カナダに思いを馳せて夕焼けの写真にしたけれど、セラピー系ブログの画像みたいになってしまった...

バンフとジャスパーのホテル&グルメ

バンフ国立公園のおすすめ場所などはこちらからご覧ください。

 

sheherher.hatenablog.com

 

sheherher.hatenablog.com

 

6月末という最高の時期にバンフ国立公園へ行ったわたしたちですが、宿を決めたのは出発まで1ヶ月をきってからというぎりぎり。

人気の時期なのでほぼホテルは空いていなくてドミトリーをメインに泊まりました。

 

1日目は空港からバンフまで友達に数時間運転してもらったのでバンフの宿へ。

街から車で3分くらいのところだったので、車がない人は不便かも...

宿自体は、共有のキッチンやくつろぐスペースも広かった。

部屋も6人部屋だったけれど、友達と2人でロフト部分を使わせてもらえて快適でした。

 

 

共有部分はこんなかんじ。

f:id:herher:20170627084329j:plain

 

 

2日目〜3日目はジャスパー方面に向かう予定だったので、ジャスパーよりのロッジに宿泊。

ここは2人で1部屋借りられるところで、室内に暖炉があった。

Wifiがないこと以外には、レストランもお土産屋も隣接していて、歩いていける滝も近くにあって満足。

 

 

3日目は翌日に帰る予定だったこともあり、またバンフのドミトリーへ。

ここは町中にあったので、レストランで飲んでも歩いて帰れてとってもよかった!

そして普通のドミトリーなのですが、サービスが良い人がいました。

友達が一眼レフを宿のロッカーに置いていってしまい、バンクーバーに帰ってからこちらへ電話をしたところ、最初に出た男性は「そんなの知らない」の一点張りだったそう。

腹がたったので時間をおいてわたしが電話をしてみたら女性が出て「今から見てくる!」とのこと。

そして待つこと数分「あったけど、送ろうか?」と提案してくれたのでした。

友達はまたバンフへ行く予定があったので、それまで預かってもらえることに。

本当によかった...

 

www.booking.com

 

そして食事!

バンフはアルバータ州なので、名物といえばアルバータ牛...

ここはステーキを食べねばということで友達が知り合いにおすすめされたというMelissa's Restaurant and Bar へ。

 

www.tripadvisor.jp

 

サービスはすごく良かった。パンもめちゃくちゃ美味しかった。

でも期待しすぎたせいなのか、いや、おそらく違う...ステーキがぬるかった。友達と泣きながら食べました。

カナダのレストランは大体食事の途中で「食事どう?」と聞いてくれるのですが、「う、うん...おいしいよ」と言ってしまいました。

f:id:herher:20170627121200j:plain

 

 

 

ステーキはこちらのChuck's Steakhouseが最高でした。

 

www.tripadvisor.jp

 

肉自体はアルバータ牛ではないもので、かつNYスタイルというものだったけれど、とにかく赤身でおいしい。

更にエビがとにかくおいしくて友達と、エビ!エビ!とひたすらいうほどだった。

 

f:id:herher:20170628202942j:plain

 

 

アルバータ牛をおいしく味わったのは、サルファーマウンテンという観光名所で食べたハンバーガー!

f:id:herher:20170629135511j:plain

 

 

そして、ジャスパーで最高だったのはここのベーカリー!

11時くらいに行きましたが、店内は行列。店員にパンをとってもらうシステムなのですが、何回も聞き返されてつらかった...

ワーホリで来て働いている日本人がいて嬉しかった。

www.tripadvisor.jp

ここで買ったローストビーフのサンドイッチ

 f:id:herher:20170926182414j:image

 

 

バンフの地ビールもおいしかった。

f:id:herher:20170926182437j:image

 

このブリューワリーで買ったのだけれど、また行く機会があれば中で食事してみたい。

オリジナルTシャツもかわいかった...

www.tripadvisor.jp

カナダのバンフ国立公園の行くべし場所

バンフでは別の記事で書いたとおりにレンタカーを借りて好きなところに行ったのですが、きれいな湖が多すぎ!!

段々一緒に見えてくるなんて言う人もまわりにいましたが、時間や日のあたり具合によって同じ湖でも見え方が全く違うんです。

わたしが行った時間がベストかどうかはわかりませんが、とにかく湖のおすすめを記します。

こちらの記事から、つたない地図を見ていただけますと幸いです。

 

sheherher.hatenablog.com

 

※ちなみにこれから出てくる写真はすべて私と友人が撮っています 

 

まず最初に行ったのが、なかなか有名な Lake Louise

着いた時は雲が多かったのですが、晴れ間が出ると見えるエメラルドグリーンが美しすぎました。

ちなみにわたしは寒がりなので、雲が出ると少し肌寒く感じました。

それでもアイスを食べました。

 

f:id:herher:20170626161626j:plain

 

その次に向かったのは Moraine Lake

近くでも見ることができるし、少し登ったところからも見られて本当に美しかった。

Lake Louiseに観光客が多すぎて疲れていたのもあったし、

湖はもちろんモ、まわりは山!!!!岩!!!!という感じで格好良かった。

野生のシマリスがたくさんいてかわいかった。

朝もすごく光の入り方が綺麗だそうだ。

ここは美しすぎて、友達と長い間ずーっと湖を見た。

 

f:id:herher:20170626172535j:plain

 

わたしと他人の腕

f:id:herher:20170626180103j:plain

 

雲がでるとこんなに色が変わります。

f:id:herher:20170922205237j:plain

 

 

どこかでカヌーをしたいねと友達と話していたのだけれど、もうここでやるしかなくない!?と興奮するくらい綺麗だったのは Emerald Lake

カヌーレンタルのおばさまたちも気さくで感じが良かった。

確か1時間$60で、3人まで乗れるというもの。2人で乗ったので一人あたり$30でした。

漕いでも漕いでも景色が美しくて、動画やら写真やらを撮りまくりました。

ただ悲しいことに途中で強風に見舞われレンタルボート屋へ全く戻れない状態になってしまい...

漕いでも漕いでも進まなくて、遭難したレベルの不安な気持ちになるほど。

そこで通りがかりのおじさんに「代わりに漕いでやるからここまでこい!」と言われ泣きそうになりながら頼らせてもらいました。

そのおじさんは近くにいた男性にも「あの子たちを助けてあげたいから一緒に漕いでくれ!」と声をかけてくれて

2人でレンタルボート屋まで漕いでくれて、わたしと友達はその人たちの奥様方とてくてく歩いたのでした。

 すごく素敵なおじさんだった...

戻れなくなって乗り捨てる人も多いようで、レンタルボート屋のおばさまたちに「おじさんが漕いで戻ってきてくれたの、時間延長しちゃってごめんなさい」と言ったら「ボートをわざわざ戻してくれてありがとう!待って、これをあげる!」とキャラメルをくれました。

めちゃくちゃ疲れたけど良い思い出。

 

f:id:herher:20170922211823j:image

 

友達の背中から漂う疲労感がすごい。 

f:id:herher:20170922211903j:plain

 

 

そして上から見るのも美しいな〜と思わせてくれたのはBow Lake

10分くらい山を登って見えたときには、友達と「うわあ!」となりました。

どこのポストカードかと思った。

f:id:herher:20170728090938j:plain

 

Bow Lakeの隣の Peyto Lake も綺麗だった。ただひたすらに、大きかった。

f:id:herher:20170628052907j:plain

 

そして雨で少し残念だったけど、それはそれで良い思い出だったのは Valley of the Five Lakes

日本語でなんというか知らないのですが、とにかく湖が5つあるところでした。

合計3時間くらいハイキングして湖をまわるようなところです。

 

f:id:herher:20170628123339j:plain

f:id:herher:20170628123214j:plain

 

ちなみに地図に書いていた、ジャスパーのピラミッド湖、メディスン湖は曇っていたせいなのかなんなのか、あまり感動がなく...写真すら撮らずに帰ってきていました。

時間帯によっては美しいと思うのでぜひ足を運んでください。

 

 

そしてそしてバンフで有名な観光場所と言えば、サルファーマウンテン

ゴンドラに乗るとサクッと登れるのですが、なぜか張り切って友達とハイキングをしました。

f:id:herher:20170629151224j:plain

大変に疲れたけれど、絶景すぎて満足。

 

バンクーバーからのバンフ旅行

もう3か月前のことになってしまうけれど、6月の後半にいつものカフェ巡り友達とバンフへ。

バンフってどこなの?という方はぜひ画像検索をしてください。

今すぐに行きたくなります。

2017年はカナダ建国150周年だったので入園料も無料でした。

(ちなみに普段は1日あたり1000円くらい / 2017年9月の為替)

 

f:id:herher:20170728090938j:image

※これはわたしが撮りました

 

友達が4日間レンタカーを運転してくれたのでわたしはこんな地図を書いて所要時間と、距離感がわかるようにした。(ちょっと距離感おかしい)

 

 f:id:herher:20170728090849j:image

 

バンフから車で3時間くらい離れたジャスパーという町の方にも行った。

夏のシーズンは本当にバンフは人気で、ホテルが全然とれなかったので

ドミトリーと少し離れたホテルの組み合わせで3日間とも違うところに泊まった。

移動は友達が4日間運転してくれたのでレンタカー。

バンクーバーからカルガリー空港までは飛行機。

ツアーで安いものもあったけれど、行きたいところに行って自由に過ごしたいねという話になりすべて自分たちで手配した。

安いツアーと同じか、ちょっとはみでるくらいの金額でいけた。

確か$700くらい...スピード違反で$200くらい取られたのは別です。

 

宿や行ってよかったところは別で書いていますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

sheherher.hatenablog.com

 

sheherher.hatenablog.com

バンクーバーでのワーホリ期間が終わった

ついに終わってしまった。

ずっと実感がなくて

レストランの人に送別飲みをしてもらっても

バディのAlexが泣いてくれても、友達にバイバーイ!と言っても

本当に帰るのかな、わたし?と空港でも友達に聞くほど実感がなくて

飛行機に乗って、離陸する頃になってやっと実感がわいた。

 

明日からはこの街にわたしはいなくて、

明日からは英語も話さなくなって、

毎日のように会っていた友達やルームメイトにも会えなくて、

よく作ってもらっていたチキンウィングスも食べられなくて、

は?って時に What the f*ck とか Shit とか言えなくて、

それを言っても爆笑してくれる人もいなくて、

みんなに次いつ会えるかもわからない。

 

「飛行機で読んで」と友達がくれた手紙やメッセージを読み返して、

バンクーバーで撮った写真を見返していたら胸がぎゅーっとなった。

 

飲み会でも空港でも、

Don't go とか Don't leave me とか なんで帰っちゃうのー!やだー!とか

言われるのほんとに辛かったなあ。

この1週間で5回くらい泣いたなあ...。

 

たった1年なのにすごく大切な友達や同僚がたくさんできて、

もう何に感謝したら良いのかわからないくらい恵まれていた。

人生で5本の指に入るくらい最悪なことも1回だけあったけれど、

思い返せばどうでも良いと思えるくらい楽しいことばっかりだった。

 

パソコンからブログを書けていなくてさぼっていたので、

また少しずつ振り返りながら更新しようと思います。

 

f:id:herher:20170908230107j:image

ショックを受けた結婚観の話

f:id:herher:20170817021016j:image

 

パティシエをしているレストランの人たちとは週1しか働かなくなった今でも

週に何度か飲みに行ったり遊びに行ったりしているのですが

よく飲みに行く1人は24歳のシェフのカナディアン男性。

その人の彼女は34歳の日本人で既にカナダに移民権を持っている人(違う職場)。

 

彼に、結婚したいと思わないの?と聞いたら

「したいけど、バンクーバーは物価も地価も高すぎて、

とてもじゃないけど結婚したり子供を産んだりできないから

そのうち違う国か州に引っ越して結婚するよ」と言われた。

 

え!

それって、東京だと子育て大変だから長野あたりに住むか〜?

みたいなこと?!なんか規模大きくない?!とすごい衝撃を受けた。

 

他の友達も、家も子供も欲しいから来年くらいには違う州に引っ越すと言っていた。

そこ、バンクーバーから飛行機で2時間以上かかるところですけど!

 

わたしは結婚しても東京近郊に住むつもりだったし

子育てがしやすいなら彼氏の実家の方に引っ越してもいいか...

と思ってたくらいだから柔軟性が足りないのかな〜と思った。

 

確かによく考えれば、語学学校に行っていた時も家族を国においてきてでも

学びにきてる男女もたくさんいた。

英語を勉強してもっと家族のために稼げる仕事をしようという意欲がすごい人がたくさんいた。

 

全部、日本の中で済ませようとしていた自分にもびっくりしたのだった。

もちろんそれはそれでこれまで十分楽しく生きてきたし

これからも楽しく生きれるだろうし、

ずっと日本にいることを悪いとは全く思わないし、

どこにいても生活や仕事で悩むなんて目に見えているのだけれど。